意識的に心掛けるべき!?薄毛の原因と日頃のセルフケア

日常生活でできる薄毛の予防法

一昔前であれば薄毛は男性の髪の悩みというイメージでしたが、時代の変化と共に現在では年齢や性別に関係なく発症する悩みとなっていることから、薄毛にならないための日頃の予防が大切になります。

まず日常生活で行なえる簡単な予防法が食事です。人間の体と同様に髪の毛も健康な成長をするために栄養を必要とします。髪の毛の成長には特にタンパク質とミネラルが不可欠と言われているので、毎日の食事の中でこれらを積極的に摂取していくことが重要です。

そのほかにも、睡眠時間も髪の成長には欠かすことはできません。主に深夜22時~2時の間は育毛のゴールデンタイムと言われています。そのため、できる限りこの時間帯に寝るように心掛けることが薄毛の予防に効果的です。

円形脱毛症の考えられる原因とストレスを溜めないケア

一口に薄毛といってもいろいろな種類がありますが、その中でも頭皮の一部分が10円玉のような丸い薄毛になってしまうのが円形脱毛症です。

円形脱毛症の主な原因はストレスによる影響と考えられています。日常生活の中で何らかの強いストレスを受けた時に本来自分を守るはすの体の免疫が逆に体を攻撃をしてしまって発毛を妨げてしまうのが円形脱毛症の大きな原因です。

円形脱毛症は時間の経過と共に自然と改善されることもあるのでそこまで深刻に捕らえることはありません。とはいえ、一時的でも薄毛になるのを避けたるためにも、日頃から適度な運動や食事によってストレスを軽減しておくことが大切です。

髪の悩みの相談は専門医の受診が最適

薄毛は種類によっては正しい治療が必要なケースもあって、自分の力だけでは改善が難しいケースも少なくありません。そのため、薄毛に悩んでいる人は皮膚科やクリニックなどの専門医に相談することが大切になります。

発毛とは、髪が抜けて何も毛が生えていない状態にある頭皮の特定部位から、毛を再び生やす行為です(毛根が死んでいないことが条件)。それに対し、育毛は今既に生えている髪を大事に育てる行為です。