産後の体形を何とかしたい!育児をしながら痩せるには?

健康的な食事が自然と痩せる

産後は妊娠中に増加した体重が減る時期ですが、不健康な生活を送っていれば体重はなかなか減りません。育児でなおさら不規則になりがちな時期ですが、就寝前に食事をしたり、ストレス発散のために食べ過ぎてしまってはさらに脂肪がついてしまいます。できるだけ健康的な生活を送るように心がければ、体重は自然と減っていくようになります。

そこで気を付けたいのが、食事内容です。できれば野菜の多い食事を意識し、多すぎず少なすぎない量で食べれば授乳にもいい影響となり、育児疲れのための活力となります。この時期に産後ダイエットを意識して食事を減らしてしまっては、逆に母乳が少なくなったり、育児疲れがますます出てしまいます。授乳期は食事の量を抑えず、低カロリーな食事を食べていくことで痩せやすくなるのです。

育児の合間に運動をする

子どもがまだ小さいうちは家にいる時間も多くなってしまうため、体を動かさないために痩せにくくなってしまいます。しかし、そのようなときでも育児をしながら簡単に運動をすることはできます。

日頃からできる運動として、子どもと散歩をするときにできるだけ多く歩くことです。ベビーカーで散歩をする場合でも、少し遠くまで歩いてみるなどの工夫で体を十分に動かせます。家にいるときは、ストレッチや体操で筋肉強化ができ、気になる部分を引き締めることができます。また、普段着でも簡単にできる運動を意識すれば、気軽にできるので長く続けられるメリットもあります。これを続けることで体重も落ちやすくなり、理想の体型が目指せるようになれます。

やろうやろうと思っているだけでは、育児に追われる毎日であっという間に骨盤が戻ってしまいます。産後ダイエットは思い立ったらすぐ行動に移しましょう。