ニキビ跡は治ります!症状別に見る化粧品選び!

ニキビ跡には種類がある!

ニキビ跡には種類があり、それぞれ有効な成分が違います。今回は「クレーター」、「赤み」、「色素沈着」に有効である成分を紹介します。

凸凹クレーター肌に有効なのは?

クレーターは真皮層までダメージが及んでしまっているので、肌の内側からケアする必要があります。クレーターに有効なのは、コラーゲン生成を促す成分が含まれた化粧品です。コラーゲンを増やすことで肌の内側からハリを与え、クレーターを目立たなくさせます。コラーゲン生成を促す成分はビタミンA、ビタミンC誘導体、プラセンタなどが有名です。

赤みが目立つ肌に有効なのは?

赤みの原因は、炎症によって増えた毛細血管によるものです。毛細血管が増えることにより血液が集中し、血液の赤い色素が濃く見えてしまいます。この濃く見えている部分が赤みです。以上の理由から、炎症を抑える成分と美白成分が含まれた化粧品を選びましょう。炎症を抑える成分はグリチルリチン酸、カンゾウ根エキスが有名です。美肌成分はビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどが有名です。

色素沈着で黒ずんだ肌に有効なのは?

色素沈着はメラニンが原因です。ニキビの炎症を抑える際、大量のメラニンが生成されます。この状態で紫外線を浴びると、さらにメラニンが生成されるのでニキビ跡の部分が色素沈着してしまいます。色素沈着に有効なのは、メラニンを抑制する成分を含む化粧品ということです。アルブチン、プラセンタエキスなどが有名です。

焦らずに治していきましょう

ニキビ跡の種類別に有効な成分を含む化粧品を使用することによって、ニキビ跡は確実に薄くなっていきます。自分はどの症状に当てはまるかしっかりと確認し、有効な成分が入った化粧品を選びましょう。

ニキビ跡の治療とは、ニキビができた後に残る肌の赤みや凹凸、シミなどを改善する治療を指します。レーザーやケミカルピーリングなど様々な治療方法があります。