脱毛で綺麗な素肌になろう!医療レーザーの仕組み

医療レーザーの特徴を知ろう

脱毛にはレーザー脱毛と呼ばれる特殊な医療レーザーを用いる方法があります。医療レーザーは一般的な美容サロンでは利用できず、専門のクリニックでのみ利用できるサービスです。クリニックなどで使われる医療レーザーは出力を脱毛用に調整されており、肌に照射すると若干の痛みを伴うことがあります。医療レーザーによる脱毛の仕組みは、医療レーザーを脱毛したい部位に照射して、毛根部のメラニン色素をレーザーの光で発熱させます。メラニン色素の発熱によって周囲の発毛組織がダメージを受け、その結果毛が抜けるという仕組みになっています。また、ダメージを受けた発毛組織は発毛能力が低下するので、毛が生えない、毛が薄くなる、などの効果を得られます。

クリニックの脱毛手順

クリニックでは利用者に快適で安全な施術を受けてもらう為に様々なサービスを提供しています。まず、初めて利用する時は専門のスタッフとカウンセリングを行い、脱毛したい部位や料金の相談、肌の状態を調べます。初回の来店ではカウンセリングのみの場合があります。2回目の来店では利用者に合ったサービスを提供してくれます。施術をする前に、脱毛箇所に毛が生えていれば剃ってくれます。医療レーザーの照射前は特殊なジェルやクリームを塗布して脱毛効果を促します。その後、医療レーザーによる施術が始まり、全ての施術が済んだら体を綺麗に拭いてアイシングで熱を冷まして終わりです。医療レーザーの効果は強力ですが、永久脱毛を考えているなら毛周期に合わせて約6回クリニックに通う必要があります。

朝剃っても夕方にはジョリジョリしているという人も少なくありません。永久脱毛はその名の通りもう生えてきません。夏の暑い日に毛穴を隠す事なく手足を露出できます。